プロ目線でエステを有効的に活用する為の日記

美容業界に携わって10数年のエステインストラクターです。エステのグレーな部分を明るみにしてしまおうというブログです。エステをどんな風に利用するときれいになれるのか?きれいになるための心構え、事前知識など、エステをもっとうまく使うための指南書としてご活用いただければ幸いです。

ダイエットの敵は砂糖なのか!?

はちみつ関連で砂糖のことを!

 

砂糖ってダイエットの敵ですね。

血糖値が上がるので自律神経も乱れます。

 

砂糖をとっていないから大丈夫!な~んて思っているヒト割といます。

 

f:id:proeste:20190309181018j:image

 

で、意外なものが砂糖と同じ働きをしていることを知ってしまいました!

 

なんと、トンガリコーンやドリトスなどトウモロコシのお菓子!

 

これが食後の血糖値を上げる数値が高すぎた・・・

砂糖がGI65に対して105だそうな・・・

 

ちなみに、ジャガイモ78、さつまいも63、カボチャ64、 パン75、 白米73、コーンフレーク81です!

 

これらはほとんど砂糖と同じらしい。。。

 

まあ、基本的に野菜から摂取する糖分は水溶性なので、あんまり怖がらなくても良いとは思います。

問題なのはうどんやパンなど。

うどんに麺つゆ、パンにジャムなど果糖を重ねることのがよっぽど恐怖(´;ω;`)

とはいえ、うどんは55、スパゲッティは49です。

ここにソースなどが絡むとやばい数値になるんですね。

 

だから、ピザはやばいんだって!

上にチーズですよ!

 

私の経験上、甘い物をめちゃくちゃに控えたところでストレスが異常にたまった状態だと、血糖値ってよくなりません。

強いストレスこそが身体の炎症作用を引き起こします。

 

実は私は自分でもストレスを感じている時、健康診断にいって、血糖値が異常に高かったので驚きました。

はっきり言って、甘い物なんて全然食べません。

ごはんすらたべないのですから。

ヒトよりも明らかに糖が少ない状態でこの結果!

ストレス度合を証明してくれたのだな。と納得してしまいました。

 

なので、環境にストレスがある場合は無理して糖分の摂取を控えすぎても意味がないのです。問題は食べ過ぎてしまう状況を見直す方が効果的だと思います。

私のストレスは期間限定の問題でしたので、その時期が過ぎれば一応自分でもわかるようなストレスは軽減できる確証がありました。

 

ただ、ストレスは受けている時だけではなく、終わった後に身体に大きく問題が発生することもあるので、注意が必要です。

割と多いのが円形脱毛症。

ストレスを感じていて、そのストレスと向き合って慣れてきたころにおきることが多いので、よりストレスが増えます。

 

ただ、やはりストレスにより食生活のバランスを崩しやすいのも確かなので、食生活はなるべくシンプルにしていくことが大切だと思います

後は適度な発散と質の良い睡眠!体質にもよりますが、私の場合は睡眠で圧倒的に身体のコンディションが変わります。むしろ食べ物なんてあまり関係ないくらいです。

 

例えば、ストレスが強いときのほうが、より味の濃い物を好むので、上記の例で言えばただパンをたべるよりはジャムをのせないと食べられなかったり、ごはんよりもジャンクフードを好んだりと、身体に強く刺激をもとめます。

 

エステでも、ストレスが強い人は強めのマッサージをもとめる傾向ありますからね(笑)

 

私、個人の経験上では異常のストレスの時は眠りも浅くなるので、とにかく良質な睡眠を心掛けることをお勧めしますが、(ダイエットで効果が現れにくい方はこの傾向が強めです)自律神経を整えるためにも食事にも気を配れると、睡眠の質が自然に良くなり、行動に無駄も少なくなるので、セットで意識することが効果的だと考えます!

 

ちなみに、トウモロコシのお菓子の数値が高かったので、もう一つ気を付けるべきものがありました!

意外に見過ごしがちなお酒です!

トウモロコシがダメなら確実にウイスキーもそうなので、ハイボールがお好きな方はかなり注意が必要ですよ!

お酒も糖質なのでお気をつけください!