プロ目線でエステを有効的に活用する為の日記

美容業界に携わって10数年のエステインストラクターです。エステのグレーな部分を明るみにしてしまおうというブログです。エステをどんな風に利用するときれいになれるのか?きれいになるための心構え、事前知識など、エステをもっとうまく使うための指南書としてご活用いただければ幸いです。

水分の取り方!

2月も最後になりましたね!

 

もう春です!

 

今年の冬は暖冬でした。冬って乾燥しますからね(´;ω;`)

水分補給は絶対です!

 

お水の話をここでまた♡

 

1日2リットル飲むことで、60兆個の細胞さんのお水やりは完了します。

なので2リットル飲めていないの、細胞さんたち水分不足になってしまいます(´;ω;`)

 

さて、脱水している状態に果糖を入れることで腎機能は障害されるって知っていましたか?

45分の運動をして450mL高果糖のソーダを4回

腎機能障害 75%

水     8%

 

とういデータが出ているんですね。

 

f:id:proeste:20190227223550j:image

 

 

このブログでは内臓の運転を促すために、副交感神経を優位にしましょうと幾度となく書いています。

 

が、脱水症状による弊害もあるってことも医療の分野から教えてもらいました。

 

データとしては運動ですが、慢性的な脱水症状の際には当然同じことが言えるので、とにかく果糖の飲み物には注意が必要ですね!

 

結構多いな~と思うのがやっぱり水分の取り方の間違い!

 

水!と水分は別です。

カウンセリングでも水飲んでますか?と聞いているのに、

「とってますよ~」

って答える方がいます。

つき詰めるとお茶だったりする・・・。

「水でね」

と伝えると、「ええっ!」ってなっています( ´∀` )

 

最近は結構水飲まれている方も多いな~とは思うんですけどね♪

 

2リットルがなかなか達せないのかな?っていう印象ですね(笑)

エステティシャンになったころ、お客様にお水のアドバイスが大変だったことを覚えています。

ちなみに、食事中にとっている水は2リットルにカウントしません。

食事中に飲んでいるものは食事にカウントしてください。

1日2リットルはハードル結構高いんですよ!

なので、朝起きた時、(白湯でもOK)夜寝る前には500mlは飲むと、日中に1.5で済みます。

など、2リットルになるようなやり方をかなりお話ししていました。

 

実際、私がダイエットで最も大変だったのが水です!

本当に飲めなかった・・・。

腎臓に問題があると

むくみが酷くなる、血圧が上がる、貧血、骨がもろくなる、糖尿、高脂血症動脈硬化、血液の異常、尿酸値の上昇など、

いわゆる生活習慣病としての弊害が起きますね

 

日本人は腎臓が小さいといわれているので、現在の欧米食文化は日本人の腎臓に負担がかかりすぎるとも言われています。

 

ちなみに、腎臓の機能が悪くなることで、身体の電解質バランスも乱れます。

 

それにより自律神経が乱れるというお話しにもつながってきます。

 

脱水症状による弊害もまた身体のバランスの乱れになり、ダイエットの妨げになり、体質も悪くしてしまいます。

 

なので、必ず、お水は2リットル飲むように心掛けたいですね。

お水の浸透率を上げるためにも、果物などでビタミンCを補給して水分をキャッチできるように手配しておくと、ワンランク上の体質づくりが出来ますよ♪