プロ目線でエステを有効的に活用する為の日記

美容業界に携わって10数年のエステインストラクターです。エステのグレーな部分を明るみにしてしまおうというブログです。エステをどんな風に利用するときれいになれるのか?きれいになるための心構え、事前知識など、エステをもっとうまく使うための指南書としてご活用いただければ幸いです。

油について2

さて、油はどんな油を食べましょうか?

塗りましょうか?

 

オメガ3  

アマニ油、シソ油、魚の脂肪など。中性脂肪を減らし、善玉コレステロール    を増やす。

 

オメガ6 

べにばな油、コーン油、ごま油、サラダ油、マヨネーズなど。悪玉コレステロールを減らす効果はあるが、善玉コレステロールも減らしてしまう他、アレルギーなども促進してしまう。

 

 

オメガ9 

 オリーブ油やキャノーラ油など。悪玉コレステロールを減らす働きがあり、また酸化しにくい特徴があるため、加熱処理をする食材との組み合わせに向いている。

 

 

私たちが普段一番食べている種類の油はオメガ6にあたります。

 

オメガ6脂肪酸は、植物性油、肉、卵、インスタント食品、揚げ菓子…

ほぼ毎日食べているものですね♡

 

じゃあ、この子たちもう食べるのやむよう!

という強引な考えはダメです!

脂質は人間が自分で生成できないので、摂取しなくてはエネルギーななりません。

 

f:id:proeste:20190109220644j:image

 

痩せるとかではなく、たるむ、シワになる!

なので、オメガ6を使いこなせばいいだけです。

最近しつこくお菓子、お菓子と言っているのがそのためです。

肉にもオメガ6が含まれていて、タンパク質を取って身体を強化して、痩せたいのに、お菓子食べたらオメガ6摂取オーバー(T ^ T)

 

肉はタンパク質とエネルギー供給には欠かせないアイテムですよ!

 

ここでパレオダイエットが役に立ってきます!

パレオダイエットとは原始的食生活に基づいたダイエットて、肉、魚、木ノ実、野菜、果実、などを主体にとります。

原始時代には米がないのでここに米は含まれませんが豆類は入ります。

 

肉はオメガ6なことに対しナッツはオメガ3なので、オメガ6の反対の役割をしてくれますね^_^

 

これがいわゆるバランス良く!っていうお話になります♪

 

塗るものに関してもクリームはそもそも油なので、保護の役割が強いんですね。

なので、乾燥でかさかさ・・・クリーム。

それはいたちごっこ

なので、血流を促進し、水分バランスを保つのが先決!

 

細胞がしっかり中から栄養を抱えて育っていく環境をつくるためには身体の中に悪玉コレステロールなど細胞を破壊していく物質が増えないように努めていかなければなりません。

 

お顔の乾燥もまずは水分バランスのコントロールから始めると乾燥に負けないきれいなお肌をつくりだされますよ~

 

ちなみに乳化していないオイルを肌に塗ることもオイルを必ず天然のオイルをえらんでつかってあげることで表皮に溜まった老廃物を流す役割があるので身体が軽くなりますよ!

身体に良いものが入ると細胞が反応します。

なので、感覚で分からなくとも続けることであるときふと何かが変わった♡

という感覚が芽生えるかもしれません。

 

身体が楽になると、思考も良くなるので気分が上がり、悪いものを引き寄せにくくなるので不思議と生きやすくなってくると言いますからね♪

 

よかったら騙されたとおもってやってみてくださいね!