プロ目線でエステを有効的に活用する為の日記

美容業界に携わって10数年のエステインストラクターです。エステのグレーな部分を明るみにしてしまおうというブログです。エステをどんな風に利用するときれいになれるのか?きれいになるための心構え、事前知識など、エステをもっとうまく使うための指南書としてご活用いただければ幸いです。

有害物質を食べている

私たちが食べている食事は少なくとも有害物質が入っていますね(´;ω;`)

 

例えば・・・

農薬

遺伝子組み換え食品

保存料 着色料

化学調味料

加工されて栄養が失われた食品

重金属 プラスチック などなど

 

なので、私たちはいかに有害物質を摂取しないでおくことが出来るか!

を考えて食事をとるようにしなければならないのですが、では具体的にどうやって?

となりますね。

 

農薬を摂取していることの弊害は、すでに死亡原因として挙げられており、年間で1800人に上るそうです(全世界でね)

 

そして、アメリカでは94%の子供の尿から農薬が検出されていること、

プラスチックや様々な家庭用品からの毒素が発達障害の原因になりうることなどが報告されているそうです。

 

ちょっと怖くなてきませんか?

 

f:id:proeste:20190101190018j:image

 

これ、私がダイエットを始めた時、そして今もそうですが、本当に口にしているものが人格を形成していくものだと肌で感じてきました。

特に発達障害が多いといわれる昨今、大人である私たちが知らないことばかりであったり、みんなも食べているからという理由で知らずに子供に与えているものが子供の成長を妨げている・・・。

 

夢にも思わない話ですよね(´;ω;`)

 

私自身、この仕事に就くまでは全く知らないので、子供に食べさせていい物なんて考えもせずに与えていました。

ですが、私はおかしが嫌いなので、心のどこかで「いいのかな?」くらいは思っていました(;'∀')

 

以前、解剖学のメソッドをしている先生が子供の食生活を変えただけで、性格が途端に変わったことをブログでもお伝えしましたが、私の中では、ただ食べ物を変えることが良かったとも思っていません。

 

人間は感情を持つ動物なので、それにより、身体の良しあしも左右されていきます。

今では当たり前に言われている「ストレス」もその一つです。

「ストレス」って一言いうと、必ず悪いイメージですが、人間はストレスなしでは生きてはいけません。

ストレスというものはなくなることもないので、ストレスをなくすという言い方自体に語弊があります。

 

ですが、強いストレスの根本を解決することで、身体の不調は改善されることは大いにあるといいます。

なので、思春期の子供の体調不良や摂食障害などの何かしらの根本の原因に愛情不足という一面もあるかもしれないのです。

体質改善の先生のお子さんが食事を変えたきっかけでよくなったとも聞きましたが、子供に対して心配したり、食事を変えてあげようと考えた愛情は少なくともお子さんに届いていますからね。

それもまた改善の一つだったのではないかと思っています。

 

農薬が原因、プラスチックや有害物質を食べることで、身体は疲れやすかったり、脳の働きが悪くなることは大いにあると私も思っています。

なので、出来るだけ避けたいとは考えます。

 

私は電子レンジで料理を温めることはなるべくしないようにしています。

栄養が破壊された食事ならば食べる必要がないと私は考えてしまうので・・・。

唐揚げなどを温めたいとき。

家以外ではやってしまいますが、家では唐揚げを別のおかずにリメイクしていますよ( ´∀` )

 

少しの行動で身体にかかる負担はどんどん軽減できますので、お医者様も最近ではそういったナビゲートもしてくださるようになってきています(^^♪

 

便利な世の中で食べることなど秒速で済ませられる時代だからこそ、少しの手間を惜しまずに自分に優しくするという考えもありますのでね♪

 

今年も始まったばかりです♡

新年の願いに健康祈願をされている方もいらっしゃると思いますので、是非、自らも健康に近づける行動をコツコツ初めてみてくださいね!

 

 

 

 お問い合わせフォームはこちら↓♡

 

連絡先情報

 

 

 

https://goo.gl/forms/QaBhtZ0oajYvEdtq1