プロ目線でエステを有効的に活用する為の日記

美容業界に携わって10数年のエステインストラクターです。エステのグレーな部分を明るみにしてしまおうというブログです。エステをどんな風に利用するときれいになれるのか?きれいになるための心構え、事前知識など、エステをもっとうまく使うための指南書としてご活用いただければ幸いです。

アザが出来る理由

エステ行ってアザになってしまうことってありますか?

ヒトによっては機械で受けるとアザが出来てしまうなどもあります。

場合によってはアザが出来る日、出来ない日もあります。

f:id:proeste:20181014174225p:plain

マッサージをされていて痛い日もあります。

その違いってなんでしょうか?

身体の疲れが酷かったり、ストレスが強いとなってしまいやすいのです。

割と多いのが身体がとてもつらいヒト。

マッサージの良し悪しで物事を決めてしまいがちなのですが、マッサージが下手というよりは、波動の合い方と思っていただいた方がいいのかもしれません。

まず、身体のつらい方は3回目までは凄く緊張しています。

なので、マッサージの良さをひたすら感じてわかろうとしてしまいがちです。

とは言っても本人に自覚はありませんけどね(-_-;)

なので、担当指名もしたがる傾向にあります。

まあ、確かに上手な人は上手なんですが、逆に受ける側が上手になるっていう方法もあるのですよ。

よくアクションとかでやられる側が上手だっていいますよね?

受け身が上手くなることで、マッサージの効果はぐんぐん上がってきますからね♪

力を抜きたいのに抜けないという方がいます。

そういう方は受け身があまり上手ではありませんね。

完全に自律神経の問題ですね。

前回私が自分のマッサージを出来ないとお伝えしましたが、エステされる側も外側に向けて意識が強い方ってなかなかエステの効果が出にくいです。

本当にベースから体質改善のプログラムをいれてあげなくてはならないので、最初はきっともどかしく感じられると思います(T . T)

私たちもなかなかそれをお伝えしにくいので、コースを組む際に悩みどころになります。

例えばタラソテラピーを組むと、パックなどの放置時間が多いので、お客様はとてもつまらなく感じてしまいます。

その割にはパックが高いので高額とか…

一応、自律神経を先ず整えて。と話しますがなかなか体感として伝わりにくいのもあり、難しいなぁと思います。

40代に多い傾向ですね…

マッサージにばかり目がいってしまう…

更年期に差し掛かる年齢だからこそ、自律神経、ホルモンを中心に是非考えてほしいです♡

なので、身体をどんどん緩ませてエステのコースバンバン上げるためにも、お風呂やアロマ等のセルフケアをしっかりして見てくださいね!