プロ目線でエステを有効的に活用する為の日記

美容業界に携わって10数年のエステインストラクターです。エステのグレーな部分を明るみにしてしまおうというブログです。エステをどんな風に利用するときれいになれるのか?きれいになるための心構え、事前知識など、エステをもっとうまく使うための指南書としてご活用いただければ幸いです。

お店の善し悪し

この業界の不思議

いわゆる繁盛しているかいないかではお店の善し悪しは判断できません(T . T)

めちゃくちゃお客様いて売り上げも良いのに、本当にどうしようもない技術のサロンもあります。

逆にめちゃくちゃ良い技術なのに、あまり繁盛しないお店。

前者は勤めているスタッフですら納得しない。

しかもスタッフの入れ替えも多い。

なのに売り上げは割と安定的にある。

f:id:proeste:20181014180315p:plain

この業界に限ってでの意見ですが、お店として成功している方のほとんどは、店長、社長さんに強いコンプレックスがあったとか死の淵を経験するなどのかなりディープな経験者が多いんです。

割と化粧品やエステの商材もそんなヒストリーがついてきます。

で、熱心に語ると宗教…みたいな言い方をされることが多いのです。

以前周波についての記事を書きました。

この業界に関してですが、その強いコンプレックスなどの経験が周波として届くのかな?

って思います。

なぜなら、同じ技術力であってもエステが儲かると思ってやっているお店とは明らかに違うものがあります。

商品であればそれで改善したなどの強い想い。

エステであれば、病気を克服したなど…

なので、お店に置くもの、機械などにこだわりを持ちます。知らないうちにお客様目線を叶えています。

そんな一見わからないようなことでも、伝わって行ってしまうものなのですね(^◇^;)

結果か雰囲気か…というお題がありましたが、どうやら雰囲気というものは、何にもまさるメッセージ性が込められているようです。

とはいえ、繁盛しているお店にメッセージ性があったとしてもホンモノとはまた別の話ですからね!

なので、判断出来る審美眼を養っていきたいですね♡