プロ目線でエステを有効的に活用する為の日記

美容業界に携わって10数年のエステインストラクターです。エステのグレーな部分を明るみにしてしまおうというブログです。エステをどんな風に利用するときれいになれるのか?きれいになるための心構え、事前知識など、エステをもっとうまく使うための指南書としてご活用いただければ幸いです。

解剖生理学

解剖生理学とは大雑把に言うと、人間の臓器などがどの部分にあって、どんな働きをするかということを学ぶのですが、東洋医学では経絡も加わり、流れを把握してマッサージや針、灸を施し健康を促進していくものになります。

f:id:proeste:20181011161649j:plain

漢方も東洋医学なので、体質を把握し、生薬を煎じて服すのですが、漢方もいろんな漢方があるのと同じように、エステもいろんな種類があります。

エステの中でも解剖生理学をベースにおいてある技術はかなり効果が感じやすいです。

自律神経の乱れで機能が乱れた内臓のバランスを経絡マッサージにより改善に導くため、身体の繋がりをしっかり理解することが必要です。

解剖・・・とか聞くとなんか急に理科の実験を思い出してしまいそうですよね(;'∀')

エステに必要な知識はかる~く小学生にならった理科って感じなんですよ。

内臓やらなんやら難しいことを言い出すので、なんだか面倒くさいイメージになってしまいますが、実はとってもシンプルなお話。

大腸の働き、小腸のはたらきなどをネットや本などで調べたら、意外と自分の体の苦手分野を知ることが出来るかもしれませんよ。

解剖生理学という本をペラペラと読んでみてください!

結構忘れていた人間の臓器の機能!思い出させてくれますよ♪